Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/90-7ab9694c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

もう一度笑って

は、GARNET CLOWの6th Album「LOCKS」(2008/3/12)に納められている曲だけれど、軽快なメロディの中に去り行く人をおもう歌詞がこめられ、けっこうお気に入りで一時期アルバムをヘビーローテーションしていたことがあった。

garnetclow_locks.jpg

6th Album「LOCKS」こちらはライブDVD付きの初回盤A。GIZA studio


と、そういえば、この5月20日にGARNET CLOW 30枚目(29th)のNEW SINGLE「Doing all right」がリリースされてたけど、TVアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマとして放送中なのですでに聴かれた方もいるかも知れない。
で、GARNET CLOWといえば、1st Single「Mysterious Eyes」(2000/3/29)が「名探偵コナン」のオープニングテーマからのメジャーデビュー後も、Single曲のほとんどが「…コナン」などのアニメのテーマソングに使われ、最近では(2008/10/22)にリリースした「百年の孤独」映画「北斗の拳ZERO ケンシロウ伝」の主題歌だったり、一つ前の「夢の一つ」(2008/8/12)はTVアニメ「ゴルゴ 13」のエンディングテーマだったりで、いわゆるアニメのテーマソング系バンドというイメージがあるかも知れないけれど、そのサウンドのレベルの高く、食べず嫌いならぬ聴かず嫌いで終わってしまうのはややもったいないように思うのだけどどうだろうか。

garnetclow_doing-1.jpg

29th Single「Doing all right」TypeA (2008/5/20)。GIZA studio(画像クリックで特設サイトへ)


ちなみに、GARNET CLOWとしてのグループ発足のきっかけは倉木麻衣のデビュー時の製作メンバーに携わった中村由利、AZUKI七、岡本仁志、吉井弘人の4人が意気投合してできたというハナシ。またそれぞれのポジションは、ヴォーカル/作曲(中村由利)、キーボード/作詞(AZUKI七)、キーボード/編曲(吉井弘人)、ギター(岡本仁志)、というちょっと変わった構成で、そのあたりネオアコ(ネオ・アコースティック)がルーツといわれるサウンド創りに現れているかも知れない。

詳しくは、GARNET CLOW Official WEB Site でどうぞ。いろいろ視聴もたのしめます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/90-7ab9694c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ひゃま

Author:ひゃま
ようこそ! ひゃまs WEB 出張所へ。 
などとね。
サイドバーのリンクにある「総合案内所」
も、どうぞよろしく。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RINA AIUCHI

goo あしあと

あし@

      

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ブックス

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。