Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/71-4a9d6a6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

赤い髪の少女

などと呼ぶのもいまでは憚れるんだろうけれど、以前、「ウェディング・ソング」なる記事で取り上げた「紅盤』の中で、斉藤和義とデュエットしていたBONNIE PINK。もう10数年前のこと、自身の作詞作曲によるアルバム「Blue Jam」(1995/9/21)でデビューののち、当時日本の音楽プロデューサーであったトーレ・ヨハンソンのプロデュースを受けた3rd Single「Do you crash?」(1996/9/20)と4th Single「Heaven's Kitchen」(1997/4/18)で一躍話題になった頃、それらの曲を収録した2nd アルバム「Heaven's Kitchen」のジャケットにも使われるほどに、赤く染めたショートカットがトレードマークであったような…。

bonniepink-1.jpg

2nd アルバム「Heaven's Kitchen」(1997/5/16) - PONY CANYON。


もちろん、いまでは素敵なレディへと変身を遂げた、そのBONNIE PINKのニューアルバム「ONE」が5月13日にリリースされていて、あいかわらず新譜情報としてはすっかり色あせた感がなきにしもあらず…。と、そういや浜崎あゆみの時もそうだったっけか。
2006年にリリースした「A Perfect Sky」(2006/6/28)がTVCM(資生堂/ ANESSA)で流れたのを聴いて、ひさびさに元気なBONNIE PINKを見たような気がした(というか、単に見逃してただけなんだろう)けれど、その後リリースしたベストアルバム「Every Single Day -Complete BONNIE PINK(1995-2006)-」(2006/7/26)ではみごとにその存在感を見せつけてくれた。そして、その翌年にリリースした9枚めのオリジナルアルバム「Thinking Out Load」(2007/7/25)も、次の年の春にスウェーデンでのリリース(from WARNER MUSIC SWEDEN)が決定するなど進化しつつ、一年(アルバム的には1年と10月)ぶりのオリジナルアルバムとして10枚目となる「ONE」でもそのパワーは衰えず。てか、ますます磨きがかかったような…。

bonniepink-2.jpg

オリジナル10th アルバム「ONE」(2009/5/13) - WARNER MUSIC JAPAN。

で、そのアルバム評としては上質なPOPSにし上がっており、中でも全15曲(含むBonus Track)の内のお気に入りは、「Ring A Bell」がやたらかっこいい。同時収録でシングルリリースされた「鐘を鳴らして」(2008/8/6)が『Xbox 360/PLAYSTATION 3 「テイルズ オブ ヴェスペリア」』のテーマソングで、その海外版用としての英語ヴァージョンなんだけれど、明らかに英語詞の方がスピード感があり、PONNIE PINKの表現力にも嵌っている。ということで、お時間ございましたら是非おためし聴きを。


BONNIE PINK - Ring A Bell(音量にご注意。下げてありますが…。)

なお、アルバム収録曲等くわしくは「BONNIE PINK official website」まで。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/71-4a9d6a6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ひゃま

Author:ひゃま
ようこそ! ひゃまs WEB 出張所へ。 
などとね。
サイドバーのリンクにある「総合案内所」
も、どうぞよろしく。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RINA AIUCHI

goo あしあと

あし@

      

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ブックス

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。