Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/66-e67b6136

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

艱難辛苦の恋の色

t">そのあまりに古風? な、四文字熟語におもわず魅せられて…。というのは、前記事の「赤い髪の少女」で取り上げたBONNIE PINKのニュー・アルバム「ONE」に収録されている「フューシャ フューシャ フューシャ」の一節なんだけれど、その軽快なメロディとリズムに歌詞、それにBONNIE PINKの歌声に惚れてしまった。

mainph_one.jpg

official website よりイメージ拝借。イメージクリックで別窓に開きます。

にしても、「艱難辛苦の恋の色」て、はたしてどんな色なんだろうか。

 それは甘くて
 それは痛くて
 心と共に揺らぐ耳飾り
 艱難辛苦の恋の色
 そう あなただけ知らない

とあり、
 
 それは甘くて
 それは痛くて
 シャンパングラスに落ちたラズベリー
 艱難辛苦の恋の色
 あなたにまだ言えない

とのことだから、きっと誰にも教えてはくれないんだろうね。

と、ま、それはそれとして、このニューアルバム、前記事「赤い髪の少女」で紹介した「Ring A Bell」や、今回とりあげた「フューシャ フューシャ フューシャ」のほかにも「Joy」に「秘密」(NEC携帯・イメージソング)など、聴き所が一杯。個人的には今年のベストかも。て、まだ半年あるけどね。なので、お時間ありましたら、おためしを。


BONNIE PINK - フューシャ フューシャ フューシャ(音量にご注意。下げてありますが…。)

*WARNER MUSIC JAPAN「BONNIE PINK」で全曲視聴できます。iTunes Storeでも全曲視聴可。

*Windowsユーザーの方でプラグインのインストールを要求され、プラグインとしてQuickTimeをインストールされる場合はこちらでどうぞ。iTunesとセットならこちらから。XP SP2以降。2000の場合はインストールページ下に別途対応版へのリンクがあります。なお、一部ブラウザ(Firefox)によってはファイルを読み込めない場合があります。(Mac:Safari / Windows:Internet EXplorer 8 で再生を確認。)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/66-e67b6136

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ひゃま

Author:ひゃま
ようこそ! ひゃまs WEB 出張所へ。 
などとね。
サイドバーのリンクにある「総合案内所」
も、どうぞよろしく。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RINA AIUCHI

goo あしあと

あし@

      

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ブックス

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。