Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/174-a4c11f41

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ちょっとだけよ。

で、100MHzのパワーアップ。てのは、年初めに手に入れたPower Mac G4 AGPのハナシ。

scsi_mo-2.jpg
ひとまず動作環境をしたあと、おまけ?でついてたSCSIカードにMOドライブを接続するためケーブルを用意し、MOドライブのドライバをこれまで繋いでいたベージュのDTからコピーしてOS 9.2.2の機能拡張フォルダにドロップ。で、MOの電源を入れ、あらためてOS 9.2.2を起動しMOディスクをつっこむと、さすが? MOのディスクイメージがデスクトップに。ということで、SCSIカードの動作確認もOK。とはいえこのMOドライブ、ドライバがOS 9以前のものしか無くOS X上では使えない。といっていまさらOS Xに対応したSCSI接続のデバイスをあらたに手に入れるなんてのも考えもの。それだったらUSB2かFireWireでしょ。てことで、ま、保険みたいなもんですかねぇ。

agp_cpu-3.jpg
ところで、このPower Mac G4 AGP Graphics 350MHzという、いまじゃとってもローパワーに成り下り。といっても、普通にネットに繋ぐぐらいならそこそこ使えなくはない。んだけど、そこはそれ、やはりも(ち)っとパワーを! てことで、ほぼ同時期に発売されてたPower Mac G4 CubeのCPUに換装。と、こちらCubeのCPUは450MHz動作なので350MHzから100MHzのアップは約30%のお手軽パワーアップ。
で、まずは電源ケーブルほか、接続してあるケーブルすべて外したあとサイド扉を開けヒートシンクを外したあと、元々ついていたCPUを固定してあるビスをドライバで外しCubeのCPUと交換。で、再度ヒートシンクを取り付け、ロジックボード上にあるリセットスイッチを10秒ほど押して終了。と、なんか拍子抜けするほど簡単作業。
さて、あとは問題なく起動してくれるか、なんだけど、まずは最低限の電源ケーブルとキーボードとモニタを繋いでスイッチオン。で、ジャーンという起動音がしたところで一安心。と、めでたく起動したところでシステムプロフィールを起動。450MHz Power PC G4 との表示を確認のあと、あらためて残りのケーブルを接続し直して終了。
で、違いはというと、システム起動ではそれほど速くなったとは思えないけど、ソフトの立ち上がりはたしかに早くなったような…。で、いずれアップグレードカードなんぞでパワーアップを図るとしても、とりあえずのお手軽アップとしてはけっこう効果がありかも。ね。

*画像は上からSCSI接続のMOドライブ。電源を入れるとインジケーターランプが怪しく光る。下、CPUのヒートシンクを外してCubeのCPUと交換。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/174-a4c11f41

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ひゃま

Author:ひゃま
ようこそ! ひゃまs WEB 出張所へ。 
などとね。
サイドバーのリンクにある「総合案内所」
も、どうぞよろしく。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RINA AIUCHI

goo あしあと

あし@

      

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ブックス

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。