Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/147-993c5526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

33MHzのスピードアップ。その後。

昨年、33MHzのスピードアップがいかほどのものか、と、FSB100MHzのPower Mac G4 AGPからFSB133MHzのPower Mac G4 DAへとシステムを移行する際、DAオリジナルのグラフィックボード(ATI RAGE128 Pro)のままではあまりにも貧弱なので、とりあえずAGPに換装していたnVIDIAのGeforce 3を拝借。とはいえ、いつまでも拝借というわけにもいかず、早々にグラフィックボードの調達をすることに。といっても、そもそもG4 DA自体が旧製品で最新のグラフィックボードには対応していないし、一部いまだに市場に流通しているものは今でも数万円ととんでもない価格。で、やはりここはC/Pを考えてWin用をMac用にした改造品から、と、AGPで使ってたのとおなじnVIDIA製ながら1ランク上のGeforce 4 Ti4200を5K弱で入手。

geforce4-ti4200.jpg

geforce3-1.jpgで、費用対効果のほどはというと、AGPとの比較ではベンチマーク的にはそこそこ成果は出ているような…。特にグラフィック性能ではMac OS X 10.2以降にサポートされたQuartz Graphicsで約20%のアップを(OpenGL Graphicsについてはほとんど効果が見られない)計測(Xbench調べ)。33MHzのスピードアップ=33%アップとまではいかないものの、それなりの結果はでているのかも知れない。とはいえ、あきらかに体感の違いを感じられるはずもなく、まあ気持ちの問題というのが正直なところかもね。

その後、当初の搭載メモリ(768MB)ではやや心許ないようなので、168pin PC 133 の512MBを2枚を入手し、それぞれ256MBが収まっていた3つのスロットの内、2つを512MBに交換し合わせて1.28GBにメモリの増設。で、体感といえば、メモリ増設の効果はあきらかにアプリケーションの動作に余裕がでたような。特にいくつものアプリを立ち上げての作業には効果大。あらためてMac OS Xのメモり食いが実証されたというか、やはりパワーアップの基本は足下(メモリの増設)からを実感。

と、それにしても昨年の秋以来の更新というのもどうかと思うけれど、それなりにつづけてたコミュニティサイトの閉鎖に伴う引っ越しもつかの間、そちらのコミュニティも閉鎖ですっかり調子を狂わされてしまった。というのはやっぱりいいわけですかねぇ…。

*画像:上は今回手に入れたnVIDIA Geforce 4 Ti4200 64MB。下がAGPから拝借してたGeforce 3 64MBで上の一世代前の製品。ただ、インターフェースもVGAのみながらいまでも十分?(そこそこ)使える。ような…。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hyama47.blog31.fc2.com/tb.php/147-993c5526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ひゃま

Author:ひゃま
ようこそ! ひゃまs WEB 出張所へ。 
などとね。
サイドバーのリンクにある「総合案内所」
も、どうぞよろしく。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RINA AIUCHI

goo あしあと

あし@

      

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ブックス

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。