Entries

スポンサーサイト

ボージョレ or ボジョレー

毎年この季節になるとなんとなくそわそわしだすのが、フランスはブルゴーニュ地方の南にあるボジョレー地区の新酒「ボジョレー・ヌーヴォー」のハナシ。フランスのワイン法により11月の第三木曜日が解禁日と定められており、時差の関係から本国フランスより早く味わえるというので、あちらこちらでちょっとしたパーティなんぞが開かれたりして、それがまたニュース・ネタになったりと、なかなかにぎやかな季節到来という事ですか。...

花のボジョレー 2005

いつの間にやら4月になって、なんとなく心もウキウキ(の割には気温は低くて寒いけど)で、ちょっとワインでも、なんて気になったとかならなかったとか。と、なにやら「花のボジョレー」なんてのが売り出され、それによると「特に昨2005年は、奇跡のような好天に恵まれた年」なんだそうだけど、それって確か昨年も「2004年は…」などといってなかったっけかねぇ。ちなみに、一方では「さわやかな春を楽しむ梅のワイン」なんてのも...

クリスマスにはシャンパーニュを…。

て、たしか去年も一昨年も同じことを言ってたような気もするけれど、ま、定番ということですかね。で、12月もはや半ば、というか、いよいよクリスマス週間突入。街はイルミネーション煌めいてまさにクリスマスムード全開の中、この時期のワインといえばやはりスパークリングワイン。ふだんそれほどワインを扱っていないお店でも、イタリアのスプマンテやスペインのガヴァあたりを店先に並べ、クリスマス商戦に乗り遅れまいといっそ...

祝 解禁!

というのは、もちろんボジョレー・ヌーヴォー。といっても、ここ最近は特にイベントを… なんてこともなくのんびりしたもの。ま、それでもなんとなくソワソワするのはなんなんでしょうねぇ。それににしても、今年の輸入量は過去最大だとか。て、たしか昨年もそうだったような…。つまるところ輸入業者が調子こいっちゃってる。てことなんでしょうねぇ。まあ、のっかるの者がいてのハナシなんだけどさ。画像のベースはSUNTORYさんよ...

あ~

と、気がつけば11月で、そろそろ気になるボジョレー・ヌーヴォー。が、ボージョレ・ヌーヴォーというお方もおられるようで、たしかにスペルで書くとBoaujolais Nouveau。ボージョレの方が正しいようにも思えるけれど、なんとなくフランス人のボソボソっとしたしゃべり方でボジョレー、といってるように聞こえるんだけど…。ま、どっちでもお好みでね。で、今年の解禁日は17日ということだけど、その前にイタリアワインの新種、ノヴ...

Appendix

プロフィール

ひゃま

Author:ひゃま
ようこそ! ひゃまs WEB 出張所へ。 
などとね。
サイドバーのリンクにある「総合案内所」
も、どうぞよろしく。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RINA AIUCHI

goo あしあと

あし@

      

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ブックス

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。